【infomation】これからキャッシングできる複数の消費者金融会社の
金利や限度額、審査情報から申込みまでが1発でわかる!


キャッシング比較(金利)/限度額/申込はこちら
(消費者金融ランキング)

スポンサードリンク
更新情報

キャッシング業者にも個性がある

けっして横並びではないキャッシング会社

テレビCM、電車の車内広告、様々なメディアでキャッシングについての情報を目にする機会が多い方も読者の皆様の中にはおいででしょう。
キャッシングはその場で必要なお金を用立てられる小口の消費者向け融資のことです。

でもなんだか敷居が高いと思っていませんか。
勿論安易に使う事はいけませんが、計画的に使えば便利なものです。

例えば、古いお店で高額な品を買うとき。
クレジットカードが使えない場合が多いのです。
すごいと番台に、そろばんというお店もございますよ。
そしてレジスターが無いのです。
割賦に対応していない場合、少し出費しづらいですよね。
でもキャッシングなら、分割して払うこともできますから、諦めずに済みます。

冠婚葬祭が重なった時などにも対応可能です。
キャッシングの母体は従来は消費者金融、信販もしくは小売系、銀行系(カードローンの呼称で有ることが多いです)の3つに分けられていましたが、今は殆どの消費者金融が、信販系や、銀行と提携しています。
そのきっかけとなったのが2010年に完全に公布された改正貸金業法。
グレーゾーンの撤廃および、総量規制、業者側の顧客側の収入確認の義務化などで締め付けが強くなったのです。

キャッシングは新しいシステムなので、利用者側は使い方がわからず、業者は好き勝手をし、行政はどうしたらいいかと手をこまねいていたのです。
ですが、多重債務の問題が深刻化しまして、政府も重い腰をあげたのです。
そのため生き残りをかけて「寄らば大樹の陰」とばかりに提携が進んだのです。

一見、横並びのように見えるかもしれませんが、
キャッシングは業者によってその個性が変化する金融商品です。
融資の上限額、利率やその方式、提携先、審査の速度など各々わずかですが差がございます。
ご自分のライフスタイルに合わせて使いやすい業者から融資を受けるようにしてください。
また便利だからと言って依存しすぎるのも駄目です。
金融における判断力、金融リテラシーを身に着けて、家計が破たんしないように融資の申し込みや返済をして参りましょう。

即日融資の「?」に答える!

即日融資とはナニか?

即日融資という広告をよくみかけます。
たとえば、今でもインターネットを開けば…

「ノーローンなら即日振込みOK! 」   1週間無利息。8日目以降の金利は年15.0−18.0%。即日融資。
「即日融資のキャッシングはどこ?」   今すぐ借りれる頼もしいキャッシング会社、即日融資OKの金融会社。
「即日ご融資ならレイク」   30日間無利息!年率15.0%-18.0%。即日ご融資可能。
「ネットで即日融資可能な金融会社」   そのままお申し込み可能!ネットで即日融資可能な金融会社を掲載中!
こんな広告があふれるほど目に飛び込んできます。
でも、どれだけ本当なのでしょう。
いえ、みんなきっと本当なのでしょうけれど、いつでも、だれにでも、どれだけでも、なんて話があるはずありません。

即日融資でいくら借りられる?

たとえばアメックスのゴールドカードを持っているほどの人ならば、どんな金融会社へ行っても、その場で数10万円や、時には7桁の金額でも受け取ることができるでしょう。
いえ、わざわざ金融会社へ行かなくても、アメックスのカードキャッシングで100万円や200万円は手にすることができます。

けれど、他の金融機関にもいろいろお金を借りている。
その返済が遅れたことがある。
引っ越したばかりで住民票が現住所と違う。
転職したので会社での勤務年数が少ない。

そんな方はどうでしょう。

実際、即日ローンという金融会社の窓口に飛び込み、申込書類も書かされ、審査で待たされ、結局NG。
せっかく書いた申込書類をその場で破り捨てられ…
といった経験は、そんなに愉快なものではありません。

やっぱり事前のリサーチが必要

では、そんな経験を避けるためにはどうしたらよいのでしょう。
今では、インターネットという便利なツールがあります。
情報弱者になっては、こちらの希望するストーリーは描けません。
多くの金融業者は、ネットでキャッシングや融資の申し込みができ、条件さえあえば、即日振込みも可能です。
当サイトでは、それらの情報を項目ごとに調べてまとめてあります。
どうか、お役立てください。
そして、くれぐれもヤミ金には手を出さないようにしてください。

スポンサードリンク
最新エントリー記事
キャッシングこんなところに要注意 金融リテラシーを持ちましょう
今の若い方は私たち大人以上の水準の金融教育を受けています。 保険会社や消費者金融の職員が出張授業をしたり、バーチャルで投資を体験できるシステムで学習したりしているようです。 こうした取り組みは金融リテラシーの習得に大きく寄与すると言われています。 金融リテラシーという言葉は耳慣れない方も多いかと存じ

キャッシングこんなところに要注意 金融リテラシーを持ちましょうの続きを読む>

求人・採用情報

▼介護・デイケア優良求人情報▼

 

基礎知識

用語

クレジットカード会社

銀行

消費者金融会社

関連トリビア

サイト情報

スポンサードリンク

キャッシング比較最前線

meganeman.jpg


キャッシング比較最前線】 
キャッシング情報を比較検証。それぞれをの情報を1ページ程度でわかりやすくまとめたサイトです。
サイトマップ   キャッシング比較最前線|Top