キャッシング比較最前線トップページ > 基礎知識 > カードローンの利率 > カードローンの利率は会社や条件でいろいろ異なります
スポンサードリンク

カードローンの利率は会社や条件でいろいろ異なります

カードローンは、何か大きな買い物をする際に、即金がない場合などに活用すると大変便利なサービスです。
文字通り、カードがあれば設定した限度額以内ならば、手軽に無担保でローンを組むことができます。
利用は手軽にできるのですが、カードローンを組む際に、利率をしっかりと把握しておくことが大切となります。
そして、そのカード会社やカードのタイプによって利率や条件が異なり、それによって返済の負担なども変わります。
取り扱いのある金融機関としては、銀行系では三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行など。
信販系ではオリックスなどが知られています。

ここで、利率とは、お金を借りる際に支払うことになる割合を示します。
具体的にいえば、利率とは、元本に対してかかってくる1年間の利子の割合です。
これを実質年利と言います。

利子と利率の関係は、理解していないと少し複雑です。

利子が増えたと言っても、それにあわせて利率が上がるというわけではありません。

カードローンでかかる利子を算出する場合には、元金と、そのカード会社等が定める利率を掛けて計算します。
そして、その額を実質年利(つまり365日)で割れば一日あたりの利子が出てきます。
そこに、ローンを返すまでにかかった日数を掛ければ必要な利子がでてくるというわけです。

先ほども言ったとおり、利率は元金をもとに算出するので、カードローンを組む際には自分にあった返済方法を選ぶことが重要となります。


……このカテゴリの記事一覧をみる
スポンサードリンク
関連エントリー

基礎知識

用語

クレジットカード会社

銀行

消費者金融会社

関連トリビア

サイト情報

スポンサードリンク

キャッシング比較最前線

meganeman.jpg


キャッシング比較最前線】 
キャッシング情報を比較検証。それぞれをの情報を1ページ程度でわかりやすくまとめたサイトです。
サイトマップ   キャッシング比較最前線|Top