スポンサードリンク

ブラックリストとは

キャッシングやカードローンを行う時、「ブラックリスト」というワードをしばしば耳にします。
このブラックリストとはいったいどんなリストなのでしょうか?
そもそもこんなリスト、存在するのでしょうか?

結論から言えば、「ブラックリスト」という名称の名簿があるわけではありません。
では、どうしてこういうワードが出回っているかというと、そのようにして運用されている情報があるということです。

「信用情報」というワードを耳にしたことはあるでしょうか。

「信用情報」には、個人の属性情報、クレジットカードや割賦販売(ショッピングクレジット・携帯電話端末本体の分割払い)、各種ローン(住宅ローン・自動車ローン・教育ローン・キャッシング・カードローンなど)、個人リース(カーリース等)の利用残高と返済履歴などが含まれます。
キャッシング会社やクレジットカード会社は、こういう情報をある機関に共有しているのです。
その「ある機関」とは、本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、シー・アイ・シー(CIC)など複数ありますが、そういったところには、「返済が滞った情報」「破産したという情報」「延滞や移動などの事故情報」が寄せられ、登録されます。
この「延滞」「返済の滞り」「破産」「事故」などのネガティブな情報をブラック情報と称します。
そして、そうしたブラック情報を登録された人のリストをブラックリストと呼びます。

ブラックリストはいつ消える

いわゆるブラックリストには、「延滞」といった情報が登録されます。
でも、「ついうっかり忘れて、1日遅延してしまった」という程度では登録されません。
つまり、その程度ならばまだ借りられます。
通常は、「3ヶ月以上の延滞」があった場合、なんらかの事故が生じたと解されて登録されます。
そしてその情報は信用情報機関に加盟している複数のキャッシング企業やカード企業、金融会社に共有されます。
そこで、「他社から借りよう」→「審査を断られる」という事態になるわけです。

さて、それでは、このブラックリストはいつ消えるのでしょうか。

一般的には5年間と言われます。
一度リストに載ると、最低5年の期間は新しい融資やクレジットカードの作成などが拒否されます。

また、「ブラックリストでも借りられる金融機関」とか「ブラックリストでも作れるカード」を探している人もいるかもしれません。

それでもOKという企業もあることはありますが、そこには2通りが考えられます。

ひとつは、ブラックリストなどのネガティブな顧客情報を分かった上で、独自基準で貸し付けを行っている会社です。「貸し出す」ほうも競争ですし、「借りて」がいなければビジネスは成立しません。ですから、「他社が貸さなくでもうちは貸すよ」というところも当然でてくるわけです。
ただ、利率や担保など、通常の金融会社と比べて、高いハードルを提示されるかもしれません。

もうひとつは、最初っからブラックリストなんて気にせず、お金を押しつけるスタイルの会社です。こういうところは法律をもともと守る気のない、いわゆる「闇金」です。
金銭賃貸業のふりをした、犯罪企業ですから、けっして近寄ってはいけません。

スポンサードリンク

【キャッシング比較最前線】Top >  用語 ブラックリスト

基礎知識

用語

クレジットカード会社

銀行

消費者金融会社

関連トリビア

サイト情報

スポンサードリンク

キャッシング比較最前線

meganeman.jpg


キャッシング比較最前線】 
キャッシング情報を比較検証。それぞれをの情報を1ページ程度でわかりやすくまとめたサイトです。
サイトマップ   キャッシング比較最前線|Top