スポンサードリンク

総量規制とは

総量規制というとナニを想起しますか。
多くの場合、改正貸金業法における、融資額の制限だと存じます。
しかし、最初の総量規制は不動産を対象とした融資が行き過ぎたのを抑えるために今の金融庁、昔の大蔵省がした布告でした。
それは、1990年代初頭のことです。
総量規制の本来の意味はこのように行政が介入して、金融業界の融資が与信過剰にならないように指導をしていくことです。

さて、話をキャッシング業界での総量規制にもどします。
他の項で多重債務者と法の問題点について書きましたが、そうした状態を打開するために「貸金業からの融資を累計して利用者の年収の3分の1以上の与信枠は付与してはいけない」という規定ができたのです。
つまり、複数のキャッシング業者からの融資額の総額が年収の一定割合を超えてはいけない、ということで総量規制というわけです。
義務を守るべきは業者側で、ユーザーはもし今3分の1以上の負債があっても慌てる事はありません(もちろん返済には留意が必要)。

ただ、この改正貸金業法実も主に消費者金融会社をターゲットにしているため、ある意味では、あちこちがら空きです。
たとえば、理論上は、「貸金業」以外なら融資ができてしまうのですから。
銀行と質屋は対象外です。
そこで、少し追いつめられているのは信販会社です。
クレジットカードのキャッシング枠は貸金業に該当する業務ですし、ショッピング枠は貸金業への規制は逃れても割賦販売法もまた改正されましたので、締め上げがきついのです。
なので、利息があがったところも多いですね。
今、元気なのは消費者金融を吸収してノウハウを身に着けた銀行かもしれません。
ただし少し与信がシビアなので収入が無いと融資を受けられません。
隙間を狙った違法業者を増やしたという批判が来ているのも昨今の改正貸金業法への評判です。
今後、またどのような法改正がいつあるのか、これは時勢とともに注目しておくべきでしょう。


……このカテゴリの記事一覧をみる
スポンサードリンク
関連エントリー

基礎知識

用語

クレジットカード会社

銀行

消費者金融会社

関連トリビア

サイト情報

スポンサードリンク

キャッシング比較最前線

meganeman.jpg


キャッシング比較最前線】 
キャッシング情報を比較検証。それぞれをの情報を1ページ程度でわかりやすくまとめたサイトです。
サイトマップ   キャッシング比較最前線|Top