スポンサードリンク

キャッシング、主婦でも平気?

キャッシングの融資元の公式ホームページには必ずこうした文言があります。「主婦OK」「パートアルバイトでもご利用になれます」というもの。
何故こうした但し書きがあるかと申しますとキャッシングの顧客層が、少しずつ変化してきているからなのです。

まず、「サラリーマン金融」という言葉を御存知ですか。
筆者が子供のころ、消費者金融はこう呼ばれていました。
無茶な融資と督促をしたためにイメージが悪化し「この呼称は使わないでください」と業界団体が申し入れを行いまして、今は、このいい方をしなくなりました。

サラリーマンとは男性の正規雇用の職員の事ですから女性や非正規雇用の人には該当しません。つまりは、以前の消費者金融=サラ金=ターゲットは会社勤めの男性、ということだったのです。
でも、いまはそうではありません。
そうした意味でも呼称の変化が必須だったのかもしれません。
「マンホール」を「ヒューマンホール」に言い換えるフェミニスト運動ではないですが、今、どの業界でも女性を無視しては生き残りがはかれないのです。

何故「主婦」がクローズアップされるのでしょう。
そもそも論で言えば、家のお金を掌握している主婦がたまの贅沢や、生活費の補てんのため、キャッシングを利用するようになった、という見方があります。
また、逆に、家庭内でのお金の自由があまりないためにキャッシングへ走る、という見方もできます。

実際のキャッシング窓口では、大金の融資の場合、旦那さんの収入証明書などを求められます。また、収入証明書がいらない少額融資の場合、少しでも収入があれば申し込める金融業者が多くなってきています。
ただ、借りすぎや配偶者への嘘は後々面倒なのでよくよく考えて使ってくださいね。


……このカテゴリの記事一覧をみる
スポンサードリンク
関連エントリー

基礎知識

用語

クレジットカード会社

銀行

消費者金融会社

関連トリビア

サイト情報

スポンサードリンク

キャッシング比較最前線

meganeman.jpg


キャッシング比較最前線】 
キャッシング情報を比較検証。それぞれをの情報を1ページ程度でわかりやすくまとめたサイトです。
サイトマップ   キャッシング比較最前線|Top