スポンサードリンク

どこから借りますか

「キャッシングは便利という事はわかるけど、業者が多すぎて選べない」
たしかに一理あります。
ですが、それぞれのニーズをハッキリさせれば、おのずとどの業者がいいか決まるのです。

まず、収入や、今までクレジットなどでの返済歴はいかがですか。
少し不利な点が多い場合、銀行や信販会社の融資は少し厳しいものになります。
上限額が高いのが銀行ですが、債務不履行には厳しいのです。

消費者金融等の方が収入が少なくとも融通をつけてくれる可能性は高いと言われています。
それから、性別もあります。
女性は収入的に不利な場合がありますし、主婦という「職業」を正当にみなしてくれないケースもあります。
だからこそ、業者によっては、収入が少なく不利になりやすい女性向けのサービスをしているところがあります。
年齢もやはり若いと収入的に不利、そして信用的にもどうようですが、ここでも逆に、若年者向けのローンがあるところもありますね。

あとは普段どの銀行をお使いでしょうか。
口座引き落としで支払う場合、提携行で支払った方が手数料は安く済みます。
今は殆どのキャッシングを行う金融業者が銀行とのタイアップをしていますので、そのあたりのことを考えておくとよいでしょう。

更にどれぐらいの期間で返済するおつもりでしょうか。
少し時間がかかってもコツコツ定額で支払いたい場合は、リボルビング方式の返済方法があります。
また、計画的にすぐ返してしまう方は、日割り計算で利息を考える業者の方がよろしいでしょう。消費者金融に多いシステムです。
あとは、「早く欲しい」と「即日融資して欲しい」いうことであれば、審査時間や融資実行までの時間が気になります。
これも今はほとんどネットで調べられるのでまずはリサーチしましょう。
「早く!」というのために審査時間でランキングした消費者金融の一覧ページがあります。こちら→クリック


……このカテゴリの記事一覧をみる
スポンサードリンク
関連エントリー

基礎知識

用語

クレジットカード会社

銀行

消費者金融会社

関連トリビア

サイト情報

スポンサードリンク

キャッシング比較最前線

meganeman.jpg


キャッシング比較最前線】 
キャッシング情報を比較検証。それぞれをの情報を1ページ程度でわかりやすくまとめたサイトです。
サイトマップ   キャッシング比較最前線|Top